大規模修繕コンサルタントとは?


設計事務所等を利用して、劣化診断、改修設計を行い、工事の段階では監理を行うので、厳正な工事品質チェックが期待できます。
設計と施工が分離されているので、工事金額を抑えることもでき、専門的な知識が無い場合、管理組合にとっては安心できる方式です。
また、公平性透明性を確保した施工業者選定を行い、工事の監理も第三者性をもって行うことができます。

 

コンサルタント会社の大規模修繕工事への関わり

 

・事前調査(図面、書類借用)
・アンケート(住民様によるアンケートを集計します)
 
・現場調査(建物の現況を把握し調査します)
・各種試験(専門業者協力の基、建物現況の試験を行います)
・報告書作成(調査を基に劣化状況等、報告書を作成します)
・結果説明
 
・基本計画書作成 (建物調査診断の結果を基に、大規模修繕工事の工事項目と範囲、基本的な修繕仕様、設計予算との調整を行います)
・実施設計図面作成
 
・施工会社選定資料作成
・ヒアリング
 
・工事監理
・検査立会
・アフター対応

 

 

コンサルタント会社の選択における重要要素